目黒駅前日焼け止めの成分を知って賢い紫外線対策

こんにちは!!

肌老化の80%は光老化(紫外線とフリーラジカル)自然老化は20%

元気で美しいお肌でいるために

光老化対策は必須!!

逆を考えればここをしっかり理解してスキンケアを行う事で

若々しいお肌で入れるって事(^ω^)

UVケアは

当サロンのお客様も

「何を使っていいのかわからない~」と良くお声がでます。

そもそもUVケアってどうして日焼けをしないのか何の成分が
日焼けをブロックしているのか??

疑問ですね

以前、UVケアデ起こるデメリットについて少し話した事はありますが、

その部分をさらに詳しく書いてみます。

以前書いた記事がこちら

紫外線カット剤はUVケアの中でもっとも重要な原料

①紫外線吸収剤
紫外線のエネルギーを吸収して他のエネルギーに変換する

ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系などの

化学物質が紫外線のエネルギーを取り込み
熱なののエネルギーに変換する働きがあります。

データーに基づいて安全性は確認されてはいますが、
アレルギー反応などを起こす人もいます。

また、紫外線吸収剤が入っていないものをノンケミカルと言います

②紫外線散乱剤
微粒子酸化チタンや酸化
亜鉛が物理的に紫外線を跳ね返す働きがあります。UV-A~Bまで幅広く散乱でき、かぶれなどの症状が比較的起きにくいので肌が弱い人にはオススメですが、
白くなりやすいです。

そしてきしみ感が出て、酸化チタンの表面の活性効果が抑えきれないなどのデメリットもあります。

基本的に私は
日焼け止めを塗るよりも
日焼けしないお肌を作って
日焼け止めは最小限にしたらいいですよね!!

と考えてはいるセラピストでは
ありますが、

紫外線量は年々増えています。

いくらお肌を焼けない状態に持っていても

ジリジリと焼ける環境、夏の紫外線はやはり

スキンケアだけで全く焼けないという状態は難しいもの。

だからこそ、

日焼け止めを選ぶ時には

日焼け止めの特徴を理解した上での賢い選択が

お肌のダメージを少なくします。

私が日常的に使う
日焼け対策ラインは

基本的にはスキンケアを春から紫外線対策していきますが、

レアナニのジュエルパウダー&ラドローション

レアナニは宝石を粉にして薄づきながらファンデーションを塗っているようなツヤ感が出て
SPF50ではありますが一つ一つの粒子がマイクロカプセルでコーティングされている事で
お肌に直接UV成分が触れない工夫が素晴らしい。

また、
エンビロンラドローションは

SPFは16ですが、
脂溶性ビタミンCが焼けたお肌の修復をして
お肌に栄養をしっかり入れてくれる上にビタミンCの効果で艶めくお肌になります。

きしみ感もなく、しっかりUVケアをしてくれる強い味方です。