目黒駅前スキンケアsalon 日焼け止めについて

こんにちは。

連日の気温差で自律神経も乱れますね。

サロンの窓の外は真っ白。都内も雪が降っています。

阿部です。

気象庁より添付

ご存知ですか?

日本人のお肌は世界一美しいとも言われています。

しかし、日本人のお肌は実はとても繊細なんです。

そして

紫外線からシミを作ってお肌を守るお肌の構造なのです。

一方西洋人のお肌は

角質を厚くすることでお肌を守ります。

シミで悩んでいる方がとても多いです。

では、全く紫外線に当たらないとどうなる??

実は体内のビタミンDを産生するには紫外線が多少は必要。

シミや老化はしたくない。でも多少は紫外線B 派を浴びなければならない

要はバランスが大事。

 

では、どうやったらシミを作らないようにできる??

きっと一番に思いつくのは

日焼け止め

日焼け止めはもちろん、お肌を守るのにとっても有効。

 

でも、意外と知らない日焼け止めのあれこれ。

SPFって何でしょう?

これは意外とみなさんに質問すると

「え?」と固まります。

そして、SPFどれくらいのレベルをお使いですか??

 

と質問すると

SPF30前後!夏になるとSPF50の方も多いですが、

実はこの数字

 

1=20分

30→10時間

50→16時間

 

あれ?

1日の間で太陽はそんなに出ていません。

1日の中でも一番日焼けしやすい時間が

10時〜14時。

日焼け止めの中には

肌に負担になるものも多く入っています。

SPFが多ければ多いほど、沢山入っている為、

強いものを使った後に乾燥しやすくなります。

普段使い→SPF4〜8

スポーツや旅行で長時間日差しを浴びる時→SPF15〜20

がベスト♩

 

また、衣類は目が詰まった木綿素材が有効です♩

 

そして、そして、

お肌内部に

抗酸化物質(ビタミンC,E,βカロチン,セレンなど)

細胞を正常化するビタミンA
をたっぷりチャージすることで

焼けにくいお肌、そして焼けた後の修復をすることが大事です。

 

潤いがたっぷりのお肌は干物の様にこんがりは焼けません!

 

 

お肌の健やかなスキンケアはご自身の正しい知識とケアで

10年後のお肌が変わります。